職場について

薬剤師が働ける職場は多数あります。一つは調剤薬局で、ここが薬剤師が一番多く活躍している職場です。その数、およそ140,000人。現在、薬剤師は270,000人いると言われていますので、半数以上が調剤薬局で働いているということになります。また、他にも医薬品に携わる会社や病院などで働く薬剤師も多数います。中でも病院で働くことを希望している薬剤師は多く、その為競争率も高くなる傾向にあります。この他にも、公務員として働く人もいますし、大学関係の職場で働く人もいます。

薬剤師と言っても職場によって求められるスキルは異なります。例えば、毎日数多くのお客さんの対応をする調剤薬局などでは、少なからずコミュニケーション能力も必要になってくるでしょう。ドラッグストアや病院、診療所なども同じだと言えるでしょう。ですから、次の職場で成功するためにも、是非コミュニケーション能力を磨くことをオススメします。

また、転職するなら安定しているのが嬉しい公務員が良いとお考えの方もいるでしょう。新卒での就職が多いですが、転職するチャンスもないわけではありません。社会人採用試験や経験者採用試験を用意しているところもありますので、挑戦してみてはいかがでしょうか?

正社員?パート?

薬剤師は正社員として働くことももちろんできますが、パートとして働く方もたくさんいます。子育て中のママや介護をしている方など、何らかの理由でパートをしている方も多く、自分の都合の良い時間内で働いています。薬剤師の場合、時給も良いですのでパートであってもある程度の収入を望むことができます。また、移動することもないのも魅力だと言えるでしょう。しかしながら、職場によっては正社員と同じ仕事ができない場合もあります。また、正社員として働くメリットは、やはり収入が多いことが挙げられます。責任ある仕事ももちろんさせてもらえますし、男女を問わず昇進も目指すことができます。しかしながら、移動があることも考えられるため、場合によってはそれがデメリットと言えるかもしれません。

結婚してお母さんになった方であっても、もちろん正社員として働くことができます。そして、もちろんバリバリ働いて昇進を目指すことも可能です。ただ、いずれにしても子育てをしながら働く場合は家族の協力と理解が必要になってきます。働く目的は、収入を得ることだけではありません。自己実現としても重要な意味を持っています。正社員もパートとしての働き方も素晴らしいのです。

求人の探し方について

薬剤師が働ける場所はたくさんあります。求人は、ハローワークを利用しても探すことができます。ハローワークを利用するメリットは、全国にあり誰でも無料で利用することができることが挙げられます。また、転職後に提示されていた条件と異なることがあり困った場合は、相談することもできますので安心です。また、薬剤師は薬剤師会に相談することで求人を探すこともできます。他にも、病院などで求人を出していることもあります。病院勤務は、薬剤師の中でも人気が高く、その為求人を見つけることが難しいこともあります。次は絶対に病院で働きたいとお考えの方は、病院のホームページなども見ていると良いでしょう。

また、薬剤師専門の転職サイトを利用して転職活動をすることもできます。転職サイトを利用するメリットは、何度も通うといったことが不要なことと、空いている時間を使ってネットを使用し、転職活動を進めることができることなどが挙げられます。コーディネーターがサポートしてくれるところもありますので、こちらが理想とする条件を伝えれば、それに合った求人を探して紹介してくれます。また、非公開の求人情報もありますので、より自分に合った求人に出会えるチャンスも高くなると言えるかもしれません。

薬剤師の転職のポイント

かつては、転職についてマイナスに考える方もいないわけではありませんでした。一度入った職場を定年まで勤めあげるのが一般的だったとも言えるかもしれません。しかしながら、現在はどんな職業であっても昔よりも転職に抵抗がなくなってきているように感じます。理由は人それぞれなのですが、今よりももっと良い条件のもとで働きたい方や、職場の方針にどうしても納得出ない方。実際に働きだしてみたら、想像以上に通勤が過酷で心身ともに大変だなどと、入社してから初めて気が付くデメリットに、転職を検討し始める方も少なくありません。また、結婚や引越し、家庭環境の変化などが理由で転職することになる方もいます。いずれにしても、せっかく転職活動を行い、新しい職場で再出発をするなら、是非今度は気持ちよく働くことができて、できるだけ長く続けられるところを探していきましょう。

転職を真剣に考えている方は、どうして今の職場から離れたいのかをまずは明確にしましょう。紙に書きだしてみるのもオススメです。次に、次にどんな職場で働きたいのかをはっきりさせてください。この時、できるだけ具体的に書き出してみるのがポイントです。そして、絶対に妥協できないポイントをいくつか挙げます。全ての希望を叶えることができる職場を見つけるのはなかなか簡単ではありませんが、希望を絞って探すことでより自分に合った職場を見つけやすくなることでしょう。当サイトは、薬剤師の転職について紹介します。